体力を付けて護身術を学びます

護身術は色々なクラスに分かれています

護身術は入門レベルから上級者クラスまであります

レベル別に分かれているので受けやすいです

体力や武器として、護身術を身に付ける人が多いですが、初心者は途中で挫折してしまうのではないか、と諦めてしまうことがあります。しかし、クラスは入門レベルから上級者クラスまで分かれているので、受講しやすいコースを選ぶようにしましょう。入門クラスは、半年間を目安としています。体力づくりをするときは、時間をかけて、護身術を学びます。また、他のクラスと一緒に護身術の基本的な心構えやテクニックを身に付けるので、自信が付きます。最初の10分間は、ウォーミングアップをしながら、ストレッチをします。ストレートパンチの練習をするときは、2人1組でパンチの強度を確かめるので、色々な効果が得られます。入門レベルでは、基本的な攻撃やディフェンスを学びます。一つひとつの動きを丁寧に取り組んでいくので、様々なスキルが身に付きます。

中級レベルになるとパワーやスタミナが付きます

自分自身のレベルが上がったら、他のコースを選んでください。中級レベルになると、今まで以上にパワーとスタミナが付いて、護身術に対するやる気が出ます。また、入門レベルよりも運動強度が増しますし、柔軟な適応力も身に付くので、更に自信が付きます。しかし、入門レベルで25時間以上のトレーニングやイエローベルトを所持しているか、というような条件が必要になるので、レベルを上げるのであれば、日頃からレッスンに参加してください。中級になると、インストラクターの追い込みが加わります。限界を超えたパフォーマンスがあるので、体力が不足していると、長続きしません。反復トレーニングを行いながら、バリエーションの幅を広げたり、新しい打撃や護身のテクニックも加わるので、護身の意識を高めるようにしましょう。

最上位レベルになればトレーニングの質が変わります

体力の限界に挑戦するのであれば、上級クラスを目指しましょう。上級クラスでも条件があって、中級クラスで1年間以上参加しなければ、トレーニングを受けることはできません。また、ヘッドギアやシンガードを使って、安全を確保しながら、スパーリングをするので、色々なことを想定しながら、トレーニングをするように心がけましょう。レッスンでは、実際に起こりそうなシチュエーションをリアルに再現します。インストラクターはフレンドリーですが、必要なときは、厳しい指導をするときがあるので、集中力を保ちながら、レッスンに参加しましょう。指導をするときは、丁寧な対応で接しています。インストラクターとのコミュニケーションを通じて、上達することもあるので、諦めないようにしましょう。

人気記事ランキング