一生ものになる護身術

護身術を身に付ける方法やメリットを紹介します

護身術で世界に通用する技が身に付く

どこでも通用する技を身に付けるには

いざというときに身を守る方法として、護身術があります。護身術は市民講座などで習うこともできますが、そういった講座は護身術の入り口的なものなので、本格的に身に着けたいのであれば専門のジムで習うのが一番です。護身術のいいところはいざというときに自分の身を守れるところですが、他にも心を鍛えたり世界で通用するような技術を身に付けられるところもポイントです。武術系にも身を守る術を身に付けられるようなものがありますが、武術は同時にルールも習ったりより精神面を鍛えたりと、その武術ならではの世界があります。護身術の目的は身を守る方法なので、ある意味世界共通の技です。一度身に付ければ世界に通用する技なので、どんな人でも役立ちます。

護身術は女性でも屈強な男性に立ち向かったり、逃げ出す方法を身に付けることができます。さらに、正当防衛の範囲内での反撃や相手の心理をつき暴力から身を守る術を学ぶなど、多角的な面から学ぶことによって実際のピンチに対応できる術がわかるようになります。自分で自分の身を守るためには、体術だけではなく急所などいろいろなことを知っておかなければなりません。本で学ぶだけでは身に付けることが難しいので、実際に相手ありきで練習できる場が必要となります。専門のジムに通うメリットは、護身術の専門家が実際の場面を想定して練習に当たってくれるところです。本で学ぶのもいいですが、体術や間合いなど実際の臨場感まで体験しておきたいのであれば、ジムに通いましょう。

ハードトレーニングをしなくてもいい

護身術を習うには筋肉など力が必要かというとそうではありません。むしろ非力な女性でも大きな男性に対抗できる力を得られるのが護身術なので、激しいトレーニングの必要な格闘技などとは違います。確かにトレーナーは筋肉のついた男性かもしれませんが、習う人も筋肉をたくさんつけなければならないというワケではありません。もちろん、筋肉やしなやかな身体はあったほうがいいかもしれませんが、今まで格闘系、武道系どころかスポーツに全く縁のなかった人でも通い続けることができるよう、ジムも工夫をしています。力に頼らなくても相手からの攻撃を回避できるのが護身術です。女性でも全く問題なく習得することができます。しかも1度覚えてしまいさえすれば必ず役に立つ方法を教えてもらえるので、全く無駄になるということはありません。共通法則を学び、あとはその場に応じて臨機応変に対応するという術さえ身に付ければ、時間がない人でも十分身に付いていきます。

人気記事ランキング